業界関連 · 19日 7月 2019
当社では中古住宅購入時のお役立ち情報を、ほぼ毎日配信しております! 最近、中古住宅を購入し、リフォームを行う方が増えており、その際には『インスペクション(建物調査)』は欠かせないものと考えております。...
業界関連 · 19日 7月 2019
■中古を買ってフルリフォーム(スケルトンリフォーム)?!最近、新築資材の高騰の影響か、中古の家を買ってリフォームしたいという方が増えているようです。その中でもフルリフォーム(スケルトンリフォームとも呼ばれる)を行いたいと考えている方も多いようなので、 本日はそのリフォーム方法と種類について解説したいと思います。 ■フルリフォーム(スケルトンリフォーム)とは何でしょうか?! フルリフォームとは、既存の建造物の骨組みである土台や柱、梁だけがある状態にまで解体したところから始めるリフォームのことです。 いわゆる骨組み状態までむき出しにしてのリフォームが、フルリフォームという事になります。 また、フルリフォームがスケルトンリフォームと言われる由縁は、骨組みのみを残してリフォームするため、その骨組みを建築用語でいう「スケルトン」と言い換えて、スケルトンリフォームと呼ばれています。 フルリフォームのメリットは、既存の間取りにとらわれることなく、新しい間取りにすることができ、かつ使い勝手の良い住空間に生まれ変わらせることができます。 ■戸建フルリフォームを行った事例(お客様事例

業界関連 · 13日 7月 2019
リフォームを行う際には現金で行われる方とリフォームローンを組んでリフォームされる方の2パターンの方がいらっしゃいます。 そこで、まずはリフォームローンについて解説したいと思います。 ■リフォームローンには無担保型リフォームローンと担保型ローンがあり、その違いは?! 住宅をリフォームする際に金融機関からリフォーム資金の借り入れを行うことがあります。 このとき利用するのがリフォームローンですが、リフォームローンには担保型と無担保型という2つのタイプが存在します。 それぞれの違いについて理解し、状況に応じて適切なタイプのローンを利用できるようにしておきましょう。 ※リフォームローン(担保型ローン)の特徴 リフォームローン(担保型ローン)はその名の通り、資金を借り入れる際に担保を必要とするリフォームローンの事です。 借り入れ可能な金額は金融機関や借り入れを行う人の所有する担保価値によっても異なりますが、無担保型のローンよりも大
プレスリリース · 29日 6月 2019
突然ではありますが、皆様は住宅購入をされる際に、『資産価値』と『ライフスタイル』のどちらを優先しますか?!本日は先日、当社で行った、アンケート調査の結果をお伝えしたいと思います。「物件提案ロボ」を提供するリニュアル仲介株式会社(本社:東京都新宿区 代表:西生 建)では、「物件提案ロボユーザー」を対象に、購入不動産の立地に関するアンケート(全2問)を実施し、以下の回答(621名)を得たので発表いたします。 調査期間:2019年6月7日(金)~6月11日(火) 調査方法:インターネットによる調査 調査対象:物件提案ロボ利用者 回答者数:621名 「既存住宅売買瑕疵保険の普及」や「重要事項説明書への建物状況調査の実施の有無の表示」「安心R住宅」等、国は多くの施策を打ち出し、安心して取引できる既存住宅流通市場の実現を目指しています。しかし、せっかく制度が整備されても、売却価格が購入時の価格を大きく下回る場合などは、売却後に住宅ローンの残債が残ってしまい、売るに売れない状態となります。住宅の資産価値が目減りする状況では、既存住宅流通市場の活性化も、ままなりません。 そこで今回

プレスリリース · 20日 6月 2019
先日、資産価値評価レポートを伴って新着不動産情報を毎日配信する「物件提案ロボ」を展開するリニュアル仲介株式会社(本社:東京都新宿区 代表:西生 建)は、不動産の資産価値やリスクを瞬時に判定する「SelFin(セルフィン)」の2019年3月の月間査件数が1万件を超え、また、累計調査件数がサービス提供開始以来、15万件を超えたことをプレスリリースしました。 ■対象不動産のリスクが一瞬でわかる「セルフィン」(AI評価付き) 「SelFin(セルフィン)」は、2016年よりサービス提供しているWEBアプリケーションです。WEB上で簡単な不動産情報を入力するだけで、対象不動産の「価格の妥当性」「流動性」「耐震性」「住宅ローン減税の利用の可否」「管理状況」「土地の資産性」を瞬時に判定します。評価結果はレポートとしてPDFファイルで自動保存されます。対象不動産は、中古マンションと中古一戸建てです。 ■調査件数は2年間で6倍に急増
プレスリリース · 20日 6月 2019
住宅ローン減税を受ける為の築後年数要件を知らない約4割 !この度、物件提案ロボユーザーを対象としたアンケートについてプレスリリースしましたので、ご案内します。<以下プレスリリース内容> 「物件提案ロボ」を提供するリニュアル仲介株式会社(本社:東京都新宿区 代表:西生 建)では、「物件提案ロボユーザー」を対象に、住宅ローン減税の築後年数要件に関するアンケート(全2問)を実施し、以下の回答を得ました。 ■調査期間:2019年5月17日(金)~5月21日(火) ■調査方法:インターネットによる調査 ■調査対象:物件提案ロボ利用者 ■回答者数:543名 最近では、新築住宅の高騰や、リフォーム・リノベーションの広がりなどから、積極的に中古住宅を選ぶ人たちが増加しています。 そのような広がりを見せる一方、中古住宅購入時には、中古住宅ならではの注意点があります。例えばその一つに「かし保険」があります。 新築住宅では「かし保険」の付保は義務化されているので全ての住宅にかし保険が付保されています。しかし、個人間売買の中古住宅の場合、瑕疵保険の付保は任意です。

業界関連 · 20日 6月 2019
「リーガルテック」を活用して不動産契約書をAI点検?!〇〇テックを活用する時代に!◇AI(人工知能)を活用して、契約書を点検する時代に!「リーガルテック」というようですが・・・。 最近、〇〇テックという言葉が世間で広がり、テクノロジーで法務の世界を変えようという動きが活発になってきているようです。その一つに人工知能(AI)を活用して、契約書を点検するといった「リーガルテック」が登場してきているようです。企業や法律事務所では定型の作業を機械に任せ、ヒトはより高度な業務を行う、そのような時代になりつつあります。しかし、法務インフラのデジタル化がかなり遅れている日本においては英語圏との差が大きく開いているようです。このままだと世界の潮流に乗り遅れてしまいます。 ※個人的には不動産契約書をAI(人工知能)点検してくれるリーガルテックの登場を待っています。 契約を結ぶ前に「リーガルテック」が契約書をチェックして不利な内容や紛争リスクを摘み取るのは、企業の法務部門や弁護士の主な仕事の一つとされます。AI(人工知能)の点検では契約のタイプ別に自社や他社の契約書データを読み込ませ、新たに結び
業界関連 · 30日 5月 2019
4月10日より、平成31年度「長期優良住宅化リフォーム推進事業」の受付が開始されました。「長期優良住宅化リフォーム推進事業」とは、質の高い住宅ストックの形成及び子育てしやすい環境の整備を図るため、既存住宅の長寿命化や三世代同居など複数世帯の同居の実現に資するリフォームを推進するため、最大300万円が補助される事業です。

業界関連 · 11日 5月 2019
総務省が4月26日発表した2018年10月時点の住宅・土地統計調査によると、国内の住宅総数に占める空き家の割合は過去最高の13.6%だったようです。地方を中心に人口減少などで空き家が増え、戸数も最多の846万戸に上ったようです。個人的には15%以上になっているような気がしていただけに意外な結果でしたが・・・。東京や大阪などでも空き家率は1割を超えており、再開発に影を落としている地域もあります。
セミナー案内 · 27日 4月 2019
リニュアル仲介のIT導入補助金メニュー/成約率向上・新規集客のWEBツールが今なら半額で導入できるチャンス!先日、経済産業省による「IT導入補助金」のスタート時期が発表されました。昨年も実施されましたが、弊社のIT導入補助金「採択率」は100%でした!

さらに表示する